住みこなすチカラについて考える。

ずっとモヤモヤ考えてきた

家づくりについて必要なこと

 

昨年、おうちのカタチ研究室を立ち上げてから

メンバーみんなのおかげで

いろいろと整理ができてきている

 

 

住みこなすチカラ

を家づくり講座の中で入れているところは

ほとんどないのではないか?と思う

 

私たちおうちのカタチ研究室で

家づくりを始める前に伝えたいことのテーマの1つが

住みこなすチカラ

だと思う

 

なぜなら

ずーっと伝えている「片づいた家」は

建てる側の人たちからしたら

「住む人の問題」だからだ

 

「良い家を作ったのだから

あとは住む人が頑張ってよ」

 

っていう感じに見える

 

私は、それが

ずーっとモヤモヤしていて

 

良い家=住みやすいかどうか

良い家=片づけやすいかどうか

良い家=暮らしやすいかどうか

 

どう思いますか?

 

人間どうしても

「新しい家になればどうにかなる!(モノも家族関係も)」

って思っちゃう

 

でも

環境を変えるだけでは上手くいかないこともあるわけです

 

なので

① 自分たちがどう暮らしていきたいか、どう生きていきたいかを考える

② 自分たちの暮らしやすい家、愛せる家をつくる

③ 住みこなすチカラをつけて、もっと家を好きになる

 

なのかなと思う

 

住みこなすチカラって

片づけ

収納

掃除

DIY

インテリア

模様替え

いろいろなことが入ってくる

 

そして

Well-beingの考え方にあるように

カラダもココロもずーっと幸せで健康でいられる

家と人生にしてほしいな

と思う

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です